• HOME
  • 【Proxy】プロキシに使うVPSサーバーの契約方法 WEB ARENA編

【Proxy】プロキシに使うVPSサーバーの契約方法 WEB ARENA編

【Proxy】プロキシに使うVPSサーバーの契約方法 WEB ARENA編

【Proxy】プロキシに使うVPSサーバーの契約方法 WEB ARENA編

今回は最安?で安心のNTTが運用しているWEB ARENAで
SupremeやNIKEオンライン、SNKRS用のProxy(プロキシ)を作っていく

安いしコンパネで管理から起動、再起動も
簡単に出来るのでとりあえず作ってみよう



【512MB】月360円
CPU 仮想1コア
SSD 20GB メモリ 512MB

【1GB】月720円
CPU 仮想2コア
SSD 30GB メモリ 1GB

【2GB】月1,440円
CPU 仮想3コア
SSD 50GB メモリ 2GB

【4GB】月2,880円
CPU 仮想4コア
SSD 100GB メモリ 4GB

【6GB】月3,600円
CPU 仮想6コア
SSD 100GB メモリ 6GB

WEBARENA 契約
WEBARENA 契約



1.サーバーの契約

まずはプランの契約から
希望するプロキシの本数×10のプランを契約

10本ならプラン100

今後のインスタンスの制限を考えると100か200でいいかも
※現状20インスタンスが上限なのでプラン200がオススメ

WEBARENA プロキシ

故障時のアドレスは後ほど確認メールが届くので間違えないように

WEBARENA プロキシ

WEB ARENAは一本当たり360円で最安

2.セキュリティポートの設定、キーペアの作成

WEB ARENAの特徴はDTIやConohaと違って、コンソールパネルから
ポートの開放やキーペアを発行する

自分で作る場合はここでポートを設定したり、構築代行に頼む場合は
指定されるので大丈夫かと

キーペアの作成(SSHキー)

コンソールからセキュリティ→キーペアをクリック

キーペアを開いてキーペアを作成をクリックすると右下のポップアップが出てくるので
キーペア名を適当に入れるとログインに必要なSSHキーがダウンロードできる
これは構築時に必要なので捨てないように

↓SSHキー保存画面↓

キーペアの発行は終わったので今度はセキュリティの設定

セキュリティ(ポートの開放)

ポート番号を変えることも出来るけどメリットがあまり良くわからないので3128でいい
ログイン認証を使うのでセキュリティ上も特に問題なし

ルールのところに下記の通りに入力すればだいたいOK

tcp:22,22,ip4:0.0.0.0/0
tcp:3128,3128,ip4:0.0.0.0/0
icmp:-1,-1,ip4:0.0.0.0/0

以上でキーペア(SSHキー)とセキュリティ(ポート)の設定が終わったので
この設定でインスタンスを作成

WEBARENA プロキシ
手順としてはキーペア(sshキー)セキュリティの作成から1つずつインスタンスに指定していく

WEBARENA プロキシ

メモリ512M仮想1コアの10ポイントの契約を増やしていくだけなので
一瞬で契約は終了

このまま必要な本数分契約していって
全VPSサーバーのIPアドレスだけメモしておいたほうがいい

rootPass:※△X○■※
111.11.111.11
111.11.111.12
111.11.111.13

こんな感じでrootのPASSと一緒に渡してあげると
構築する方も助かると思う



【Proxy】プロキシに使うVPSサーバーの契約方法 DTI編

【Proxy】プロキシに使うVPSサーバーの契約方法 ConoHa編

【PC】Supremeオンライン、NIKE SNKRSその他海外にも使えるプロキシの作り方まとめ

海外のProxyはこちら

Your Private Proxy

海外 プロキシ

OMB Discord Groupへの入会方法、
海外のリストックやカート直リンクも公式LINE@にて

1回LINEBANされたので“BANNED”が最新です^^

最新のフィード登録はこちら

PCでご覧の方は上記QRから友だち追加、
スマホからご覧の方は下記からワンクリック
友だち追加

PCでご覧の方は上記QRから友だち追加、

スマホからご覧の方は下記からワンクリック
友だち追加

人気記事一覧

新着記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。